<-- bodyの後に貼り付ける -->
2011. 02. 27 12: 55   
春の足音がやっと感じられそうな昨今ですね、ところで皆さんGWの予定はいかがでしょうか?
GW中の神津島の海ですが昨年までの水温などを参考までに。(僕のログブックからです。)
まずは気になる水温ですが
2010年:18~19℃くらい 2009年:20~21℃くらい 2008年:19~20℃くらい 2007年:19~20℃くらいでした。
今年は、さてどうでしょうか?ここ最近の水温で既に19℃くらいあるようですので、GWにはもう少し暖かくなってくれるといいのですがどうでしょうかね?
ここ数年のGW中の海の様子はこんな感じでしたよ。

かんぱち
カンパチにまかれてみたりします(2009.05 三浦湾テーブルサンゴ)

かんぱちがビュンビュン
カンパチがビュンビュン(2009.05 三浦湾テーブルサンゴ)

わかさま
わかうつぼ!(2009.05 三浦湾テーブルサンゴ)

いか
かわいいオチビサンが!(2009.05 ながね)

ブーブー
洞窟へ!!(2009.05 ブーブー洞窟)

ちびのみ
くまのみのおちびさんです(2008.05)



写真の子たちは派手な大物ではないですが(大物とかレアものをのせるべきなのですが=_=;)、比較的よくあえる常連さんをあえて紹介させていただきました。
またこの時期のおちびさんたち二頭身的な感じがかわいいとおもいますよ。

ところでまだ気が早いと思われるかもしれませんが、神津島までのチケットは2ヶ月前発売(東海汽船さん)です、そうです今週から予約開始です、混みあう日や席数の少ない等級、便などはお早目の予約をお勧めします。
特に裏技などありません(知らないだけ?)が僕は常に早めに予約をするようにしてます。
みなさんみお早目の予約をすることをお勧めします。


蒼穹



スタッフ ひで

スポンサーサイト

Ccomment


投稿する。

2011. 02. 26 17: 25   
昨日ご紹介したとおり今日は25日様というお祭りです。25日様は3日間にわたります。
昨晩はその3日を前にして三夜待ちといい、朝まで飲んだり騒いだり夜更かしして良い日です。
そして今日から3日間は静かにしています。

 島ではこの25日さまを境目にして段々春に近づいていくと言われています。
ビュービューの西風の日も少なくなってきます。

不思議なことに毎年25日様の日には25日凪といっていつも凪ます。
今日もご覧の通り昨日までのしけが嘘のように・・・
20110226105453.jpg

言い伝えでは、25日様はみんながよく潜りに行く三浦湾の外側のナガッサキの池でてと足を洗い神津島へ上がって来るといわれています。

 神社の神主さんは夜中、神津島の道沿いにある道祖神をお参りして回ります。その途中にもし人にであってしまったらもう一度最初からお参りしなおすということです。

 今日と明日は雨戸を閉めて早めに寝るということですし大昔は、トイレも外にある家もあり我慢して寝たということです。
 一番怖いのは子黙りといい3日目です。特にこの日は子供はすぐに寝ないといけないらしいです。
さすがに、夜は静かで車の音もメッタにしません。




20110226164425.jpg

先ほど撮りました。三浦湾です。・・・静かですね。



海のほうはここ1週間で今日に水温があがり19度です。桟橋では、シマアジが上がったりしています。
もしかするとそろそろアカイカが釣れるかも・・・
今年は早めに行ってみようかと思います。今年はたくさん釣りたいですね~。ねっ!アツ。



お店のほうも、そろそろシーズンに向けて準備していきます。その前に恒例の池袋・サンシャインMDフェアーの準備です。今年は、4月の1,2,3日です。皆様にお会いできるのを楽しみにしています。





Ccomment


投稿する。

2011. 02. 25 21: 26   
神津島では旧暦1月25日の前後数日が間を"二十五日様"というしきたり?があります。
その期間(旧暦1/23~26⇒新暦2011/2/25~28)は海や畑に出てはいけない、海を見てはいけない、夜は明かりが漏れないようにして即、寝なさいなんていわれてます。(そうしないと災いが・・・・)
25日様の言われはいろいろとあるようです。(昔取立ての厳しい代官さまをどうしたとか)
そしてこの期間は島では今でもこの風習が比較的、残っており船(漁船)は漁を休んだりするようです、さすがに完全に経済活動がとまることは無くてもこの期間は早く仕事を終わらせて帰り、戸締りを厳重にしてすごすようです。(ボートダイビング、ナイトダイビングも基本お休みです。)

神津島はこのご時世に古の言い伝えなどをすごく大事にしている(残している)と僕自身は感じます、話は違ってしまいますがお墓なども綺麗に手入れされている様子を垣間見ることもあります。

最近、失われつつある、今までの伝統?、過去の遺産をすごく大事にしている、島だな~と思いがする今日この頃です。

スタッフ ひで

Ccomment


投稿する。

2011. 02. 22 08: 40   
昔々、神様が神津島に集まって(神様がこうやって集まっていただけるので神、つどう島=>神津島と呼ばれるようになったとか?)

ある日、各島の神々が島々へ水を配分する会合を行いました。

神様です。


翌朝、先着順に水を分けることになりました。
翌朝、一番早くやって来たのは御蔵島の神様、そして新島、八丈島、三宅島、大島という順に着き分けられていきました。

水


ところが、利島の神様は朝寝坊(>_<;)し、到着したころには、ほとんど水はほとんど残っていませんでした(おいおい)。それを見た利島の神様は怒って、残った水の中に飛び込んで暴れまわったそうです。

水配り像


右下で寝てらっしゃるのが利島の神様でしょうかね???。

この時、水が飛び散りそこから水が湧き、神津島にはおいしい水に恵まれる(神津島のおいしい湧き水)ようになったとそうです。

神様と鳥


ぜひ神津島でおいしい水を(焼酎の水割り?)飲んでみてください。

今週末は25日様という神津島(伊豆七島?)独特の時期になります!!!

スタッフ ひで

Ccomment


投稿する。

2011. 02. 19 21: 47   
セブンアイランド3姉妹ですが、今回は虹に注目してみます。

虹 前浜入港中



多分、昨年の梅雨~初夏ころでしょうか虹(だけ?)が少々形状が変わったの気がついた方いらっしゃいますか?
まずは改造前の虹です。

虹 改造前
コクピット上部(改造前)のアップです。
虹 コクピット アップ 改造前

改造後の虹です。
虹 改造後
運転席の全面窓上部に眉毛??のような部品が付きました。

虹 コクピット アップ 改造後


作りから見て多分、前面からの空気をうまく後方へ流すためのエアロパーツのようです、虹だけにしか装着されてないようですので、試験的な導入で効果を見てから後の姉妹たちへって感じなのでしょうかね?。
このような細かい工夫が乗り心地の向上や燃費の向上(燃料調整費の軽減!!!!)などにつながり、神津島までの利便性が少しでもよくなることを期待してます!!!

スタッフ ひで

Ccomment


投稿する。

プロフィール

Tears Blue Staff

Author:Tears Blue Staff
神津島ティアーズブルーの海日記へようこそ!
神津島の海やティアーズブルーの情報をお送りいたします。

Tears Blue twitter
Tears Blue掲示板
月別アーカイブ
タイドグラフ
来島者数
Tears Blue Blogの閲覧数
カレンダー
01 | 2011/02 | 03
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 - - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QR